注文住宅は思い入れの詰まった大切な家となることでしょう

古風な家

注文住宅を設計事務所に依頼した時の設計料

可愛らしい家

注文住宅を設計事務所に依頼した場合の設計料は、設計事務所によって大きな開きがありますが、概ね設計料と監理料を合わせて1割強となっています。しかし、依頼する設計事務所が比較的有名な場合には、さらに高くなる傾向にあります。前述のように、注文住宅を設計事務所に依頼した場合、設計料と共に監理料を支払わなければなりません。この監理料ですが、設計事務所は施工は行えないので、施工は建設会社に依頼します。この時、施工を行う会社は設計事務所が手配してくれますが、工事の監理(施工が設計通りに行われているかの確認)は設計事務所が行います。これを工事監理といい、設計料と共に支払う監理料として依頼者に請求されるのです。
こういった工事監理は工務店やハウスメーカーに設計依頼しても行われていますが、その場合監理者はその会社の社員が行う事となります。ですから、悪質な会社の場合だと、自社の利益を考えるあまり手抜き工事などを行う可能性もあるのです。そういった点においては、設計事務所に注文住宅を依頼するとダブルチェックが行えるので、安心して施工を任せることができます。設計料と監理料を合わせて1割強とは比較的高いかも知れませんが、トラブルを未然に防ぐ事を考えれば、設計事務所に依頼するのも悪くない選択肢だといえるでしょう。

Topics

Recent Contents

2016/07/06
注文住宅を買う時の注意点を更新しました。
2016/07/06
注文住宅を設計事務所に依頼した時の設計料を更新しました。
2016/07/06
注文住宅は色々自由に選べて楽しいを更新しました。
2016/07/06
私が注文住宅にした理由を更新しました。
TOP